KINMAQ整体院

FCオーナーの声 VOICE

2022/07/29

草加院 唐澤オーナー

Q.KINMAQ整体院での独立起業のきっかけはなんでしょうか?

知人から「KINMAQ整体院でオーナーを募集している」というようなお話を聞いたのがきっかけです。以前から働き方について考えていました。資金面もそうですが、自分がずっと働くことに対して厳しさを感じていて。自分の手はあまりかけずに、安定的な収入を得ながら理学療法士の資格保持者のためになるようなことを一つやりたいと思っていたので、お話を聞いてみようかなと思いました。

Q.その前に展開していた事業について教えてください。

トータルボディメイクを始めたのは2015年です。スタッフを何人か雇ったんですが、教えても独立してしまったり、教育システムもマネジメントも全然できていなかったんです。唐澤幹男=トータルボディメイクという形でやっていたので、クライアントを増やせなかったり、集客ができなかったり、このままのやり方では難しいだろうと思いました。
僕は正直、人を育てるということにあまり興味がないんです。自分がどれだけ臨床家としてやれているかということにフォーカスを置いていたので、当然うまくいかないんですよね。
なので、そういった意味で僕は臨床・教育・研究・経営の4つの柱で頑張りたいと思っていたんですが、教育に関してはセミナー業をしてたんですけど、経営はすごく弱いところが僕の弱点だったんです。元々病院をやめた理由が、マネジメントしたくないな、スタッフを育てるのが大変だなという思いがあったからなんです。
かといって独立して一人でやってても、一緒に働きたいという子がいたり、もうちょっとスタッフがいた方がいいなとか、実際にやってみたけれどなかなか難しかったです。

Q.KINMAQ整体院での独立を決めたプロセスを教えてください。

実際にお話を聞いてみて、KINMAQ整体院には、スーパーバイザーが居たり、本部という機能があったり、集客をやってくれるシステムも出来あがっているので、僕に足りないものにマッチしていると思いました。たぶん理学療法士の資格保持者って、集客や人を育てるのが苦手な人が沢山いると思っていて、そこを補うKINMAQ整体院のオーナー制度っていうのは、自分がやりたいことをやりつつ、理学療法士の資格を持つ人のためにもクライアントのためにもなるシステムになっているのがすごく魅力的だったんです。
あとは僕を誘ってくれた知人の存在が大きくて、彼が「夢あふれる未来への貢献」というものに全力で投資して、全力で頑張ってる姿を見て、彼のことを信用していましたし「僕はやってて楽しいです」って言っていたので、彼が信頼できるなら仲間もシステムも良いだろうと思いました。
他に良かった点は、それぞれの専門家がいるということですね。バランスの取れたチームを見て、これは間違いないだろうなと思って、そういうプロセスを経て独立しました。

Q.契約から開業されるまでのプロセスを教えてください。

その日、その場で契約を結びました。そこからも丁寧に、例えば場所決めとか、資金調達とか、流れについて説明してくれました。もちろん自分が動かなければいけない部分も沢山あったんですけど、それも指導してもらったりフォローしてもらえたりしました。
以前、自分で起業した時に、ホームページを作るのも文章を作るのも大変だなと思っていたので、資金調達など自分が色々苦労した面もありますけど、自分でやる100分の1の苦労で済みました。

Q.オーナーとして、理学療法士の資格保持者として、それぞれの目線から見た時のKINMAQ整体院の魅力、やり甲斐はなんでしょうか?

仕事の魅力としては教育制度が圧倒的すぎるというところですかね。トークスクリプト、整体の仕方、そういったものがちゃんと揃っていて、1ヶ月間みっちり教えてもらえます。実際うちのスタッフはもともと優秀だったかもしれませんが、その通りやって予想以上にうまくいってるので、理学療法士の資格保持者として見るとかなり良い教育システムを持っているんでしょうね。
僕が理学療法士の資格を持つビジネスパーソンとして起業して苦労した部分って、集客ひとつとっても苦戦するのが普通じゃないですか。それが、経験がうまく集まってきて、しっかりお客様の満足度も上げつつ、ちゃんと収益性も上げられるというのは本人の満足度も高いと思います。
あとは保険診療だとお金がかからないという良さもありますが、保険診療で働いた苦しみも経験しています。病院以外で、期限なしで、自分の思った通りにちゃんと診させてくれる、余計な制度がないというのもあって、自己肯定感というのは病院以上にあると思うので、そのへんは魅力的だし、やりがいなんじゃないかと思います。
オーナーとしては、難しい表現になるんですけど収益性のある再現性のある良いビジネスだと思います。
自分の場合は、オーナーをやりながら自分の仕事もできるというのが本当に良いと思っています。オーナーってある程度やることはあるんですけど、プラスアルファでもそんなに負担がないんですよ。スーパーバイザーがいるので、かなりお任せしちゃっている面もありますし、そういうところの魅力は高いので、僕は周りの独立している理学療法士の資格保持者たちにKINMAQ整体院のオーナーすごくいいよって勧めています。

Q.理学療法士の人柄や、可能性を打ち出すにあたっての意見や考えはありますか?

病院でちゃんと教育を受けたり、患者さんと対話出来ている人というのは、人として良い人が多いと思うんです。例えば困っている人がいたら必ず手を差し伸べるし、社会のために研鑽を積むということが普通にできる人達です。休みの日に勉強会に行ったり、患者さんのためだったらプライベートな時間を削ったりすることが自然と出来る。そういう人が集まっているので、雇う側の立場として理学療法士って、こんなに素直でちゃんとしている人が多いんだって感じてもらえると思うんですよね。今は病院に閉じ込められていますけど、もっと外に出るとすごい重宝される人材なんだってことを、改めて多くの人にも知ってもらいたい。
理学療法士はちゃんと知識があってお医者さんとお話ができるので、それが安心感に繋がるし、ビジネスとしても展開しやすい。実際に僕も事業をやってて「理学療法士の資格を持つスタッフさんだから来ました」っていう人が沢山いますし、医療系からの信頼もかなり厚い。それに理学療法士の資格保持者は人口もかなり多くて質も高いので、これを活用しない手はないと思います。

まずはお気軽に
お問い合わせください。

029-828-4875

受付時間 平日9:00〜17:00

ページトップへ