■   

事業コンセプト

日本初!国家資格の理学療法士を持つセラピストによる
「医学」と「整体」から根本改善へアプローチ。
医師や教授も推薦する”筋膜メディカル整体”のFCチェーン

日本の痛み難民5,000万人を救う

腰や膝といった運動器の痛みが続く慢性の疼痛(とうつう)」に悩む患者は国内におよそ5000万人(日本の人口の40%)いるといわれる。特に長期にわたって複数の医療機関を受診せざるをえない状況にある「痛み難民」は少なくない。 その社会的な損失は、日本が直面する大きな課題となっている。

まがい整体を撲滅し業界の健全化を図る

無資格者の整体に行った際、施術中に腰椎を強く押され、翌日左足に強い痺れを感じ、歩くのもつらい状態になったので、病院に行ったところ「椎間板ヘルニア」と診断された、などの危害症状が発生した事例も。 資格を有する施術者であるかは、広告などでは判断が難しい場合もあるので注意が必要。

医療費削減に貢献

◆医療費の財源が厳しい事実。

◆国家資格である理学療法士の資格をもつスタッフが保険外サービスを行うことで医療費削減へ貢献する。

◆「痛み難民」が減少することが医療費削減へつながる。

◆慢性疼痛に伴う経済損失は日本全国で約1兆9600億円といわれています。

理学療法士による整体院の5つのポイント!

高単価×高リピート率で高生産性を実現!

高価格でも新規

WEB集客50名以上!

毎月の集客が少なく、一人生産性130万円の実現は厳しい。

毎月150万以上の集客で、1人生産性130万円の実現が可能

1店舗15坪の

空中テナントでも成立する

目立つ路面店でないと集客が厳しい。低価格がゆえにベット数が多い。

予約制なので空中店舗でも成立する。3ベットモデルなので15坪で成立。

高価格でも高い成約率×高リピート率を実現するマニュアル(教育)

マッサージ目的客が多い、リピート率が低い傾向。単発客が多い。

マニュアルを構築しており、高単価でも治療を継続する重症顧客が多い。

医師や教授からの

推薦を頂いている

医師や教授などからの推薦をもらうことは一般的には難しい。

国家資格である理学療法士の資格があることで信頼につながる。民間資格の整体院との差別化は大きい。

権威性を活用し

時間制ではない販売手法

差別化ができず顧客離れが多い。時間制で生産性が限られる。

理学療法士の資格を保持したセラピストが改善目的で時間制ではない。

1店舗での投資回収23カ月!

初期投資額 ¥12,101,100円

初期投資額概要
  • 内外装工事等   … 1,300,000円
  • 什器・機器・備品 … 1,250,000円
  • 開業販促     … 1,408,000円
  • 開業費      … 2,893,100円
  • 加盟金      … 3,000,000円
  • 研修費      … 1,500,000円
  • 開業支援費    …  250,000円
  • 設計・設計監理費 …  500,000円

加盟までの流れ

面談形式で、事業の仕組みや将来性についてご説明させて頂きます。 同時に疑問・質問にお答えし、事業についての理解を深めて頂きます。

出店候補物件をお持ちではない場合は、並行してエリア選定を進めて頂きます。 物件の選定基準などについては本部の担当者へご相談ください。

加盟を前提とした具体的なお話を進めさせて頂く際には、「加盟申込書」を提出して頂くと共に加盟申込金(10万円)をお支払い頂きます。

本部にて審査書類をお預かりし、加盟審査を実施させて頂きます。

出店候補物件についての調査を行い、出店場所を決定します。

正式なFC契約を締結します。 また、契約日前日までに加盟金、保証金等をお支払い頂きます。

 
筋膜メディカル整体院のチャンネルはこちら
 

代表挨拶

MMESEAGE FROM THE PRESIDENT

代表取締役 古渡将也

親から受け継いだ会社を成長させるためには新規事業進出だ!約10年前に私は決意しました。 ネットで情報収集を行ったり、展示会を訪れたり、人に紹介を依頼したり、様々な角度から新規事業候補を探しました。素晴らしい事業に出会え成功したこともあります。しかし、よく目にするのは、 ・儲け優先の事業・理念だけで利益を出すのが難しい事業・投機的で長続きしそうにない事業といったもの。目先のことだけにとらわれず、長期的に取り組める事業はないだろうか。そのためには、長く社会に求められる普遍的な価値提供ができること、そして事業を継続でき、利益で再投資が可能なしっかりとした収益性があることが必要だ、と考えていました。 しかし、「夢あふれる未来への貢献。」というミッションに叶うような事業に巡り会えません。 そんな状況を、筋膜メディカル整体医院との出会いが変えてくれました。 この事業で、私は探し求めていた、社会貢献と収益性を両立できる理想の新規事業に出会うことができました。 そして、この事業を、当時の私のように、「是非やってみたい!」と思える新規事業がないとお悩みの経営者の皆様にお届けすべく、フランチャイズ展開を開始することにしました。